3 全国の鉄道・軌道線の駅における
ホームの安全柵等 設置状況
最終更新日 2012年11月16日

は じ め に

 視覚障害者が白杖を持って単独で鉄道を利用する上で、駅のホームは"欄干のない橋”に例えられるくらい危険な場所です。ある視覚障害者団体の調査によりますと、視覚障害者の約半数が、ホームからの転落を経験しているとのことです。また悲しい事に、視覚障害者のホームからの転落死傷事故も、毎年のように起きてしまっていること事実です。
 そんな危険なホームからの転落事故を防止するための究極の安全対策は、落ちないホームを作ること、つまり"ホームドアの設置”です。
 最近は、交通バリアフリー法の施行などでバリアフリーが注目されるようになり、新しく開通・整備される路線には、ホームドアが設置されることも多くなりました。
 しかし、ホームドアを設置するには、
・膨大な資金が必要、
・車両の企画(編成両数・扉位置や扉数)が違う車両が混在する路線では導入出来ない、
・列車を安全かつ確実に定位置に停車させるシステム(自動列車運転装置)の普及、
など、クリアしなければならない問題も山積しており、今の日本の大部分の鉄道システムでは、早期に導入できないというのが現状です。
 そうはいっても、現在ホームドアシステムを採用している事業者が、以前に比べて確実に増えてきていることも事実です。
 このページの表は、日本全国の鉄道・軌道線の駅におけるホームドア等、ホームに設置されている安全柵の現状、および設置が予定されている事業者・路線について、BRFCがまとめたものです。鉄道ファン向けのまめ知識としても、視覚障害者向けのデータベースとしてもご活用いただけます。ご参考となれば幸いです。

(1) 基本資料 ホームドア・安全柵の種類(記事にジャンプします)
(2) 全国のホームドア・安全柵の現状一覧(適時更新・記事にジャンプします)
(3) ホームドア関連ニュース (記事にジャンプします)

(1) 基本資料 ホームドア・安全柵の種類

 現在、日本全国の駅のプラットホームに設置されている安全柵には、いくつか種類があります。これらのうち、一般的に"ホームドア”と呼ばれるタイプには、

A ホームドア
ホームの端に天井付近までガラス製の柵があり、電車が到着した時にだけ、電車の扉とホームの扉が自動で連動して開閉するタイプ。
電車とホームは、壁によって完全に隔てられているので、乗客が電車と接触する恐れやホームから転落する危険はまったくない。
東京メトロ南北線や各地の新交通システムで広く導入されている。
写真はゆりかもめ 新橋駅
B 可動式ホーム柵(ホームゲート)
システムはホームドアと同じだが、柵の高さは130cmくらいなので、視覚障害者にとっては列車の接近を音で把握しやすい。ただし乗客が柵に寄りかかって列車に接触する危険、および線路に物を落としたりするリスクは存在する。都営地下鉄三田線など、多くの事業者で採用されている。
写真は都営地下鉄三田線 三田駅

の二種類が在ります。また、それ以外にも、

C 固定柵
柵の高さは130cmくらいで、電車の扉の部分には大きな開口部がある。新幹線の一部の駅や比較的混雑の激しい駅、都市型のワンマン運転を実施している私鉄などで導入されている。
写真は東急多摩川線 多摩川駅
D 新幹線駅の安全柵
新幹線の主要駅にある可動式のホーム柵で、列車が到着した時に柵の扉は開閉するが、ホームドアのように車両の扉とは連動していない。本来この安善柵は、通過列車に対する風除け対策として設置された物である。
写真は山陽新幹線 新神戸駅

といった安全柵も設置されています。

(2) 全国のホームドア・安全柵の現状一覧
 (2012年11月16日更新)

下の表は、全国の鉄道・軌道線の駅におけるホームドア等、安全柵の一覧です。このうち、「D」で挙げました新幹線の一部の駅における安全柵の設置状況につきましては、現段階では資料がまとまっていないため割愛させていただきました。
 また、関西地区の東海道線・山陽線複々線区間の駅における列車線側、および東急田園都市線江田駅1・3番線、梶ヶ谷駅4番線側など、列車が通過する側に設置されている安全柵につきましては省略させていただきました。

事業者・局名 路線名 駅数 安全柵設置駅数 安全柵
設置年月
新規・後付け 柵の種類 備考
札幌市交通局 南北線
注1
16 0 2013(平成25)年度までに設置予定 後付け 可動式ホーム柵 ーーー
東西線
注1
19 19 2008(平成20)年5月30日の南郷7丁目駅中線ホームから試験的に使用開始
2009年3月3日全駅設置完了
後付け 可動式ホーム柵 2009年3月3日全駅設置完了
東豊線
注1
14 0 2018(平成30)年度までに設置予定 後付け 可動式ホーム柵 ーーー
仙台市交通局 南北線
注6
17 2009(平成21)年10月17日 富沢駅より使用開始 後付け 可動式ホーム柵 2010年2月20日の泉中央駅の使用開始をもって工事完了
仙台市高速鉄道東西線 13 - 2015(平成27)年開業予定 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー
埼玉新都市交通 ニューシャトル伊奈線 13 13 1983年12月22日 開業時から 固定柵 ーーー
埼玉高速鉄道 埼玉高速線 8 8 2001年3月28日 開業時から 可動式ホーム柵 赤羽岩淵のみホームドア
首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレス線 20 20 2005年8月24日 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー
舞浜リゾートライン ディズニーリゾートライン線 4 4 2001年7月27日 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー
東日本旅客鉄道
(JR東日本)
山手線
(注5)
29 2 2010年6月26日
(恵比寿駅より設置)
後付け 可動式ホーム柵 下記参照
東京地下鉄
(東京メトロ)
丸ノ内線
(本線)
25 25 2006年6月24日より設置駅から順次使用開始
2008年3月23日
全駅設置完了
後付け 可動式ホーム柵(予定) ---
丸ノ内線
(方南町支線)
4 4 2004年5月8日 後付け 可動式ホーム柵 ワンマン化
千代田線
(北綾瀬支線)
2 2 2002年2月15日 後付け 可動式ホーム柵 2002年3月よりワンマン化
南北線 19 19 1991年11月29日 開業時から ホームドア 目黒のみ可動式ホーム柵
有楽町線 24 5 2008年4月1日 後付け 可動式ホーム柵 小竹向原~地下鉄成増間の4駅 その他の駅の状況は下のニュース記事をご参照ください。
副都心線 16 11 2008年6月14日
(但し、池袋・小竹向原の2駅については2008年4月1日より使用開始)
開業時より
(但し小竹向原・池袋は後付け)
可動式ホーム柵 有楽町線と共同使用する和光市・地下鉄成増・地下鉄赤塚・平和台・氷川台の5駅については未設置
東京都交通局 三田線 27 27 2000年8月10日 後付け 可動式ホーム柵 白金高輪・白金台のみホームドア(南北線と共同使用)
大江戸線 38 17 2011年4月23日の清澄白河より使用開始 後付け 可動式ホーム柵 都庁前~森下間(南半分17駅で設置済み)
2012年4月現在
新交通日暮里・舎人線
(日暮里・舎人ライナー)
13 13 2008年3月30
開業時から ホームドア ーーー
ゆりかもめ ゆりかもめ 12 12 1995年11月1日 開業時から ホームドア ーーー
京王電鉄 京王線
(本線)
32 4 2001年12月、新宿駅降車ホームに固定柵設置
2012年8月19日
調布駅に可動式ホーム柵使用開始
後付け 可動式ホーム柵 布田はフルスクリーンタイプのホームドア
*2012年度には新宿駅3番線にも設置予定
小田急電鉄 小田原線 48 1 2012年9月30日使用開始予定 後付け 可動式ホーム柵 新宿駅地上4・5番ホーム
(急行ホーム)
東京急行電鉄 目黒線 13 13 2000年8月26日 後付け 可動式ホーム柵 2008年6月22日より
日吉まで延長運転(2駅増)
多摩川線 7 7 2000年8月 後付け 固定柵 ワンマン化と同時
池上線 15 15 2000年8月 後付け 固定柵 ワンマン化と同時
大井町線 15 1 2012年3月3日 後付け 可動式ホーム柵 大井町駅
京浜急行電鉄 空港線 7 1 2010年10月21日 開業時から 可動式ホーム柵 同日開業の羽田空港国際線ターミナル駅に設置
東武鉄道 伊勢崎線 54 1 2009年1月31日 後付け 固定柵 5番ホームのみ
西武鉄道 新宿線 29 1 2006年3月1日 後付け 可動式ホーム柵 高田馬場駅4番線
(平日朝の通勤時間帯のみ、4扉の電車で使用)
山口線 3 3 1985年4月25日 新交通システム開業時から 固定柵 案内軌条として開業して以降
東京モノレール 羽田線 11 11 2002年10月 後付け 可動式ホーム柵 合理化・ワンマン化に伴い設置
2010年10月21日新駅"羽田空港国際線ビル"開業に伴い11駅増
多摩都市モノレール 多摩モノレール線 19 19 1998年11月27日 開業時より 可動式ホーム柵 ーーー
相模鉄道 相鉄本線 18 1 2000年6月 後付け 固定柵 横浜駅の全ホーム
横浜市交通局 1号・3号線
(ブルーライン)
32 32 2007年4月7日、あざみ野駅の使用開始を皮切りに設置駅より順次使用開始
2007年9月15日全駅設置完了
後付け 可動式ホーム柵(予定) 2007年12月15日よりワンマン化
4号線
(グリーンライン
10 10 2008年3月30日 開業時から 可動式ホーム柵(予定) 開業時からワンマン運転
横浜新都市交通 金沢シーサイドライン 14 14 1989年7月5日 開業時から ホームドア ーーー
東海旅客鉄道
(JR東海)
東海道新幹線 16 3 品川・新横浜・熱海
(設置時期不明)
後付け 可動式ホーム柵 東京 品川 名古屋 京都 新大阪の一部は固定柵
静岡鉄道 静岡清水線
(注2)
15 6 2006年度 後付け 固定柵 2006年度に新静岡駅、音羽町駅、春日町駅、2007年度に草薙駅、狐ヶ崎駅、柚木駅の6駅が設置済み
名古屋鉄道 瀬戸線 20 2005年2月頃 後付け 固定柵 尾張瀬戸駅のみ設置
小牧線 14 2003年3月27日 後付け 可動式ホーム柵 地下鉄上飯田線と直通する関係で上飯田駅のみ設置
空港線 3 1 2006年4月 後付け 可動式ホーム柵 中部国際空港駅の特急専用ホーム(1番線)のみ設置
モンキーパークモノレール線 3 3 設置時期不明 不明 固定柵 2008年12月28日付けで廃止
(営業は27日まで)
名古屋市交通局 上飯田線 2 2 2003年3月27日 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー
東山線 22 - --- 後付け 可動式ホーム柵 015(平成27)年度設置予定
(下記参照)
名城・名港線 34 --- 後付け 可動式ホーム柵 2020(平成32)年度に設置予定
(下記参照)
桜通線 17 -- 2011年1月22日より中村区役所前から使用開始 後付け(但し野並~徳重間は開業時) 可動式ホーム柵 下記参照
桃花台新交通 桃花台線(ピーチライナー) 7 7 1991年3月25日 開業時から ホームドア 2006年10月1日、路線廃止
2005年日本国際博覧会協会 愛・地球博線 3(専用鉄道区間のみ) 3(専用鉄道区間のみ) 2005年3月25日 開業時から ホームドア 博覧会開催中のみ営業 2005年9月26日廃止
名古屋ガイドウェイバス ガイドウェイバス志段見線(ゆとりーとライン) 9(専用軌道部分のみ) 9(専用軌道部分のみ) 2001年3月23日 開業時から 固定柵 専用軌道線部分のみ設置
名古屋臨海高速鉄道 西名古屋港線
(あおなみ線)
11 11 2004年10月6日 開業時から 可動式ホーム柵 金城ふ頭のみホームドア
愛知高速交通 東部丘陵線
(リニモ)
9 9 2005年3月6日 開業時から ホームドァ ーーー
京都市交通局 烏丸線 15 3 2012年度以降 後付け 可動式ホーム柵 京都・四条・烏丸御池の3駅に設置予定
東西線 15 15 1997年10月12日 開業時から ホームドア ーーー
京阪電気鉄道 京津線 7 1 1997年10月12日 ホームドア 御陵駅のみ設置
西日本旅客鉄道
(JR西日本)
おおさか東線 7 2 2008(平成20)年3月15日 開業時から 固定柵 JR河内永和・JR長瀬の2駅のみ設置
JR東西線 9 2 2011年3月12日より暫定的に固定柵として、さらに3月27日より可動式ホーム柵として使用開始予定
後付け 可動式ホーム柵 2012年3月28日
大阪天満宮駅で使用開始
(下記参照)
大阪高速鉄道 大阪モノレール線 14 14 1990年6月1日 開業時から 固定柵 ーーー
国際文化公園都市線(彩都線) 1998年10月1日 開業時から 固定柵 ーーー
大阪市交通局
(注3)
南港ポートタウン線
(ニュートラム)
10 10 1981年3月16日 開業時から ホームドア ーーー
御堂筋線
(注3)
20 - --- 後付け 可動式ホーム柵 2016(平成28)年度の設置を見込み
千日前線 14 - --- 後付け 可動式ホーム柵 2014(平成26)年度末に全駅設置の見込み
長堀鶴見緑地線
(注3)
17 1 2010(平成22)年7月7日
大正駅より使用開始
後付け 可動式ホーム策 門真南を除く16駅に設置
(下記を参照)
今里筋線 11 11 2006年12月24日 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー
阪神電気鉄道 本線
(注4)
33 1 2001年10月 後付け 固定柵 岩屋駅のみ設置
山陽電鉄 本線 43 1 ーーー 後付け 固定柵 舞子公園のみ設置
神戸新交通 ポートアイランド線
(ポートライナー)
12 12 1981年2月5日 開業時から ホームドァ ーーー
六甲ラアイランド線
(六甲ライナー)
6 6 1995年8月23日 開業時から ホームドアー ーーー
スカイレールサービス 瀬野線 3 3 1998年8月28日 開業時から ホームドア ーーー
広島高速交通 広島新交通1号線
(アストラムライン)
21 21 1994年8月20日 開業時から ホームドア ーーー
北九州高速鉄道 モノレール小倉線 13 13 ーーー 固定柵 ーーー
九州旅客鉄道(JR九州) 筑肥線 19 1 2004年3月 後付け 可動式ホーム柵 地下鉄線と直通する関係で姪浜駅のみに設置
福岡市交通局 空港線 13 13 2004年3月15日 後付け 可動式ホーム柵 ーーー
箱崎線 7 7 2005年11月頃 後付け 可動式ホーム柵 ーーー
七隈線 16 16 2005年2月3日 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー
沖縄都市モノレール ゆいレール 15 15 2004年8月10日 開業時から 可動式ホーム柵 ーーー

注2 静岡鉄道では駅ホームからの転落事故を未然に防ぐため、各駅ホームに固定柵の設置を進めています。これにより、2010(平成22)年度までに全駅への設置が完了する予定とのことです。
 また、すでに設置が完了している駅として新静岡駅、音羽町駅、春日町駅、草薙駅、狐ヶ崎駅、柚木駅の6駅が記されています。
参考 静鉄グループホームページ内「07年 静岡鉄道株式会社 安全報告書」
http://www.shizutetsu.co.jp/company/images/anzen2008/04.pdf
(pdfファイル 新しいページが開きます)
および「08年 静岡鉄道株式会社 安全報告書」
http://www.shizutetsu.co.jp/company/images/anzen2008/04.pdf
(pdfファイル・新しいページがひらきます)

注3 大阪市交通局は、2008(平成20)年2月21日に報道発表した大阪市交通事業中期計画において、長堀鶴見緑地線の全17駅に可動式ホーム柵を設置することを明らかにしました。
 計画では2010(平成22)年度までに全駅への設置が完了するとのことです。
 また、他の路線についても、輸送面や技術面の課題を解消し、設置計画を策定し、可能な路線から順次設置していくとのことです。
参考 : 大阪市交通局ホームページ内 2008年2月21日付け報道発表 可動式ホーム柵の設置拡充に向けた検討をします  および 大阪市交通事業中期経営計画(案) (pdfファイル 新しいページが開きます) 
 さらに、2009年1月15日付の朝日新聞ウェッブ版には「大阪・御堂筋線、駅に転落防止柵 事故多数、市が調査費」という記事が、でており、これによると、大阪市交通局は平成21年度予算案に御堂筋線全駅のホームに可動式転落防止柵を設置するための調査費約6200万円を計上する方針、ということが書かれています。
 2009(平成21)・2010(平成22)の両年度で具体的な方法を検討し、2016(平成28)年度の設置を目指す、また千日前線についても、2014(平成26)年度末までに全駅への可動柵設置を完了する見込み、と書かれています。
http://www.asahi.com/travel/rail/news/OSK200901130133.html

注4 阪神電鉄本線、春日野道駅の以前のホームは、島式で極端に狭く、しかも通貨列車もある事から一時期、固定柵が設置されていましたが、2004年9月25日から共用が開始された新ホームは拡幅されたことから、固定柵は設置されませんでした。


(3)ホームドア関連ニュース

2012年11月15日 JR西日本は、11月定例社長会見にて、ホーム上の安全対策の一環として、「昇降式ホーム柵」の導入を検討していることを明らかにしたました。
 ホーム柵の構造は数本のポストと、プロレスやボクシングのリングのような数本のロープで構成されています。
 通常はホームに設置されたポストと複数のロープで閉じられた構造ですが、列車がホームへ進入し、停車すると、自動的にポストが上部へ伸びて、それと同時に、ロープも列車のドアより高い位置まで上昇する、という仕組みになっているそうです。
 詳しくは、マイナビニュース
「JR西日本、ロープを張って転落・接触事故減らす「昇降式ホーム柵」導入へ」
http://news.mynavi.jp/news/2012/11/15/132/
などをご参照ください。

2012年11月12日 東京大学と神戸製鋼所は、到着する列車の編成両数や扉数にあわせて扉の位置や数を変えられるホームドアシステムを開発したと発表しました。
 扉を収めた戸袋部がレール上を移動することで、これらの機能を実現するもので。コスト面の問題は、採用が増えることによる量産効果で吸収できるとしており、また、ドア位置を統一するために車両を置き換えるよりも安上がりになるというとのことです。
参考資料
http://www.nozomi.iis.u-tokyo.ac.jp/iis2012/iis2012_homefence.pdf
詳しくは、まいなびニュース
東大など、どんな車両ドアにも適用可能な乗降位置可変型ホーム柵を開発
http://news.mynavi.jp/news/2012/11/12/085/
をご参照ください。

2012年9月11日 小田急電鉄は、同日発表されたニュースリリースにおいて、新宿駅地上急行ホームの4・5番線に設置した可動式ホーム柵を、2012年9月30日初電から使用を開始すると明らかにしました。
参考 小田急電鉄HP 2012年9月11日付けニュースリリース
「9月30日(日)から新宿駅急行ホームで可動式ホーム柵の使用を開始します」
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7454_8357325_.pdf

2012年8月19日 京王電鉄京王線は、調布駅付近の連続立体交差化工事が完成したのに伴い、同日から調布・布田・国領の3駅が地下化され、同駅のホームには、京王線では初となる、可動式ホーム柵が設置されました。
ちなみに調布・国領の2駅は可動式ホーム柵タイプ(2012年9月1日使用開始)、地下トンネルの中間地点に当たる布田駅には、フルスクリーンタイプのホームドア(2012年8月19日使用開始)が設置されました。

2011年12月22日 JR東海は、21日に開かれた社長会見で、東海道新幹線の「のぞみ」が停車する全6駅に、10年後をめどに、可動式ホーム柵を設置することを明らかにしました。
 具体的な工事スケジュールは、以下の通りです。
・2012(平成24)年1月 工事着手
・2013(平成25)年3月 東京駅14番線・新大阪駅新27番線 可動式ホーム柵使用開始
・2015(平成27)年3月まで 東京駅15~19番線 順次使用開始 となっています。
参考 2011年12月21日付けプレスリリース
「【社長会見】東海道新幹線東京駅及び新大阪駅新27番線への新型可動柵設置について」
http://jr-central.co.jp/news/release/nws000923.html


2011年12月6日 京都市は1日、市営地下鉄烏丸線の京都、四条、烏丸御池の3駅に転落防止用の可動式ホーム柵を設ける方針を明らかにした。という記事が、京都新聞のweb(2011年12月01日 23時25分)に掲載されていました。
参考、京都新聞web 2011年12月1日
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20111201000147
この件については12月6日現在、京都市交通局からの公式なプレスリリースは出されていません。
なおこの情報は、当会メーリングリスト会員の落花生人さんからいただきました。ご協力ありがとうございました。


2011年9月29日 JR東海は、東海道新幹線東京駅のすべてのホームに、新型の可動式ホーム柵を設置することを明らかにしました。
 早ければ2012年春にも設置される模様で、東海道新幹線では品川・新横浜・熱海に次いで4番目となります。
 詳しくは、下記の記事をご参照ください。
参考 毎日JP(毎日新聞)
JR東海:新幹線東京駅ホームに可動柵 来年春にも
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110930k0000m040026000c.html
asahi com 朝日新聞社
東海道新幹線・東京駅にホームドア 12年度中に
http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY201109290367.html
*この情報は、ML会員のクーさんからいただいたものです。クーさん、ありがとうございました。


2011年8月24日 交通新聞社発行の無料メールマガジン「交通新聞ニュース 抜粋版」の2011年8月24日号に、JR東日本山手線恵比寿・目黒両駅に先行設置されている可動式ホーム柵について、これまで、柵が設置されてなかった7・10号車部分にも、可動式ホーム柵が設置されることになった、という記事が掲載されていました。
 これまで、山手線の恵比寿・目黒両駅の7・10号車が停車する部分には、6扉車が組み込まれているために、可動式ホーム柵が設置できない、という状況が長らく続いていましたが、これら6扉車の4扉車への置き換えが、2011年8月にすべて完了したことにより、7・10号車部分にも晴れて、可動式ホーム柵が設置できる状態になった、ということです。
 両駅とも、9月4日未明に柵本体の設置工事を行い、性能確認試験などを実施した後、10月29日初電から、使用を開始する予定とのことです。
参考 「交通新聞ニュース 抜粋版 2011年8月24日号


2011年7月11日 小田急電鉄は、2011年6月30日付けニュースリリースにおいて、新宿駅地上急行ホームに、可動式ホーム柵を設置することを明らかにしました。
 設置個所は新宿駅地上ホームの急行の乗車側となる4・5番ホームで、現在未使用の1番ホームを含め2・3・6番ホームには設置されません。
着工は2011年7月で、2012年9月の使用開始が予定されています。
【参考】 小田急電鉄HP 2011年6月30日付けニュースリリース
「(2011/6/30)新宿駅急行ホームに可動式ホーム柵を設置します」
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/6354_5460781_.pdf


2011年7月5日 JR東日本は、同日付けのプレスリリースにおいて、山手線への設置が進められている可動式ホーム柵の、2013年度までの予定を発表しました。
 それによると2012年度に池袋・大崎の2駅、
2013年度には大塚・巣鴨・駒込・新大久保・目白・高田馬場・田町の各駅に設置される模様です。
 なお、2014年度以降については、現時点で大規模改良工事が予定されている4駅(新橋、渋谷、新宿、東京)を除き、全体の工事完成時期は2017年度末を見込んでいるとのことです。
参考 JR東日本 2011年7月5日付けプレスリリース
「山手線ホームドア 2013年度までの完成予定駅について」
http://www.jreast.co.jp/press/2011/20110704.pdf


2011年2月18日
 JR西日本は同日付の定例社長会見において、JR東西線北新地駅で設置工事が進められている可動式ホーム柵について、2011年3月12日より暫定的に固定柵として、さらに3月27日より、可動式ホーム柵として使用を開始することを明らかにしました。また、さらに2011(平成23)年度中に、乗客数の多い同線の大阪天満宮駅にも設置する予定であることも合わせて発表されました。
参考、JR西日本プレスリリース 2月定例社長会見
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175201_799.html


2011年2月8日 京王電鉄は同日付ニュースリリースにおいて、京王線新宿駅にホームドア(可動式ホーム柵)を設置することを発表しました。
 それによりますと2011年度上期に設置工事に着手し、3番線には2012年度に、1・2番線には2013年度の使用開始を予定しているとのことです。
参考 京王電鉄HP 2011年2月8日付けニュースリリース
「ホーム安全対策として新宿駅にホームドアを設置します」
http://www.keio.co.jp/news/update/news_release/nr110208v02/index.html


2011年2月8日 2011年1月16日に発生した、目白駅での悲しい視覚障碍者のホーム転落事故を受けて、国土交通省はこの日、「平成23年度以降のホームドアの整備計画」を公表しました。
国土交通省の2/8付報道発表
http://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo06_hh_000026.html大臣発言
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_001367.html

具体的な予定は、次の通りです。
(以下 資料作成中)


2011年1月14日 MLにいただいた発言からの情報です。
 JR西日本とその子会社である「JR西日本テクシア」(兵庫県尼崎市)が、新快速用電車の3扉車と通勤型電車の4扉車、両方に対応できる可動式ホーム柵を開発したとのことです。
 形としては、一両に3扉車と4扉車に対応する五つの開口部を設けて、3扉車の場合は1・3・5番目の扉を開閉し、4扉車の場合は1・2・4・5番目の扉を開く、というような形を想像していただければよいと思います。
参考 asahi.com 関西住まいニュース
「3ドア・4ドアに対応、新型転落防止柵開発 JR西など
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201101070001.html
 この可動式ホーム柵が実用化され、関西地区に普及すれば、いいのですが。


2010年12月24日 名古屋市交通局は、2010年12月15日付報道発表資料において、2011年3月延伸開業予定の桜通線への可動式ホーム柵の設置および使用開始スケジュールを発表しました。
 それによりますと、2011年1月22日の中村区役所前駅の使用開始を皮切りに、2011年7月16日までに、全22駅で可動式ホーム柵の使用が開始される予定です。
各駅の具体的な設置・使用開始スケジュールは、以下の通りです。

駅名  設置開始日(予定)  使用開始日(予定) 
中村区役所前  1月9日   1月22日
 名古屋  1月23日 2月5日 
 国際センター  2月6日 2月12日 
 丸の内 2月13日   2月19日
 久弥大通り 2月20日  2月26日 
 高岳  2月27日 3月5日 
 車道 3月6日  3月12日 
 今池  4月10日 4月16日 
 吹上 4月17日  4月23日 
 御器所  4月24日 4月30日 
 桜山  5月15日 5月21日 
 瑞穂区役所  5月22日 5月28日 
 瑞穂運動場西  5月29日 6月4日 
 新瑞橋  6月12日 6月18日 
 桜本町 6月19日  6月25日 
 鶴里  6月26日 7月2日 
 野並 7月10日  7月16日 
 鳴子北
3月27日
(野並・徳重間の開業と同日より使用開始) 
相生山
神沢
徳重

日付はいずれも2011年(平成23年)

 また、他の路線についても、東山線は2015(平成27)年度、名城・名港線については平成32年度の設置を予定しているとのことです。
情報源 名古屋市交通局HP内 2010年12月15日付け報道発表資料
「地下鉄桜通線に可動式ホーム柵を設置します」(pdf237KB)
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/dbps_data/_material_/localhost/_res/about/press_release/20101215.pdf
*記事発表より10日以上掲載が遅れてしまいましたことをお詫びいたします。


2010年10月25日 2009年10月9日にこちらのページでもご紹介した、名古屋市営地下鉄桜通線の延伸区間(野並~徳重館4.2km)について、名古屋市交通局は、2010年10月25日付けのお知らせで、2011(平成23)年3月27日(日)に開業することを決めたと明らかにしました。
 延長区間には鳴子北(なるこきた)・相生山(あいおいやま)・神沢(かみさわ)・徳重(とくしげ)の4駅が設けられ、これら新設駅には、開業時から可動式ホーム柵が設置されるとのことです。
 また桜通線既存駅についても2010年度から整備を進め、2011年度中に整備を完了させる予定とのことです。
参考 名古屋市交通局ホームページ お知らせ
2010年10月25日 桜通線 野並・徳重間の開業日が決まりました
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/info/2007/006501.html


2010年10月21日 この日より京急電鉄空港線に"羽田空港国際線ターミナル"駅が、同じく東京モノレールに"羽田空港国際線ビル"駅がそれぞれ開業しました。
 いずれも開業時から高さ130センチメートルほどのハーフタイプ式の可動式ホーム柵が設置されています。
 特に京急線ではこの駅が京急線初の可動式ホーム柵設置駅となりました。
参考 京浜急行電鉄 2010年8月2日付報道発表資料
京急線「羽田空港国際線ターミナル駅」駅概要について(2010/08/02)
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/100802.shtml


2010年10月16日 2010年4月12日付けで更新した記事でご案内しました東京メトロ有楽町線4駅への可動式ホーム柵設置について、地下鉄成増駅でも10月16日から、予定通り使用が開始されたとのことです。これにより有楽町線では副都心線と共用している小竹向原のをはじめ氷川台・平和台・地下鉄赤塚・地下鉄成増を合わせた5駅で可動式ホーム柵の使用が開始されたことになります。


2010年9月6日 東京メトロは、同日付ニュースリリースにおいて、有楽町線要町~護国寺間の可動式ホーム柵の設置スケジュールを発表しました。
http://www.tokyometro.jp/news/2010/2010-45.html 

 記事によると各駅の具体的な設置スケジュールは、次のようになっています。
 なお、千川駅(Y07)については、「千川駅~小竹向原駅連絡線設置工事」と競合するため、設置時期については調整中とのことです。

駅ナンバー 設置日 使用開始日
(A線 B線 同日)
A線(新木場方面行き) B線(和光市方面行き)
2010(平成22)年9月25日 2010(平成22)年10月2日 2011(平成23)年1月8日
Y08 要町
Y09 池袋 2010(平成22)年10月23日 2010(平成22)年10月30日 2011(平成23)年1月22日
Y10 東池袋 2010(平成22)年11月20日 2011(平成22)年年11月27日 2011(平成23)年2月26日
Y11 護国寺 2010(平成22)年12月11日 2010(平成22)年12月18日 2011(平成23)年3月26日

*設置スケジュールは、工事の進捗状況によって変更になる場合あり


2010年8月28日 2010年6月26日より、JR東日本の在来線としては初めて使用が開始された山手線恵比寿駅の可動式ホーム柵に続き、同線では2番目として目黒駅に設置された可動式ホーム柵の使用が、この日から開始されました。
 可動式ホーム柵の形状は、恵比寿駅に設置されたそれと同様、扉の一部には電車の視認性の良い、透明な材質のものが採用されています。
 さらに6扉車が組み込まれている7号車・10号車付近は、4扉車への置き換えが完了する予定の2011年夏頃まで未設置の状態が続くことも、恵比寿駅と同様です。


2010年8月21日 以前このページのニュースでもご紹介しました、東京メトロ有楽町線氷川台駅に設置された可動式ホーム柵が予定通り、この日から使用が開始されました。
 今回設置された可動式ホーム柵は、山手線恵比寿駅に設置されたそれと同様、扉の一部が透明なガラス製になっていて、電車の視認性がよいタイプとなっています。
 今後も8月28日には山手線目黒駅で、9月中旬以降にメトロ有楽町線、平和台・地下鉄赤塚駅でそれぞれ、可動式ホーム柵の使用が開始される予定です。


2010年8月2日 京浜急行電鉄は同日付けの報道発表資料において、2010年10月21日に空港線の天空橋と羽田空港間に新駅「羽田空港国際線ターミナル」を開業することを発表、また同駅には京急線としては初となる可動式ホーム柵を設置することを明らかにしました。
 なおこの可動式ホーム柵は、荷物用カートのホーム下への転落を防止することを目的として設置されるとのことです。
参考 京浜急行電鉄 2010年8月2日付報道発表資料
京急線「羽田空港国際線ターミナル駅」駅概要について(2010/08/02)
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/100802.shtml


2010年7月7日 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線では現在,可動式ホーム柵設置工事が進められていますが予定通り、2010(平成22)年7月7日(水)から,大正駅での使用が開始されました。
 長堀鶴見緑地線の可動式ホーム柵は,2010(平成22)年度内に,門真南駅を除いた大阪市内16駅に順次,設置されていく予定です。
参考 鉄道ファンrail.jp>鉄道ニュース>個別記事
http://railf.jp/news/2010/07/08/090100.html


2010年6月26日  このニュースの中でもご紹介したJR山手線恵比寿駅に先行設置されたJR東日本初の可動式ホーム作の使用が、この日から開始されました。
 今回導入された可動式ホーム柵の主な特徴は、
・高さは130cmのハーフタイプ、
・可動部の扉は、電車の視認性が良いという理由で、透明なガラスを採用、ただし、列車端部(1号車・11号車)の一部の扉については、開口部が大きめに取られており、この部分については、強度の関係からか、金属製の扉が設置されている、などがあげられると思います。
 また可動式ホーム作には、拡大文字で2号車2番ドア のように書かれているのを見かけました。
 点字表示については筆者自身確認できませんでしたが、実際に見に行かれた方のお話では「2-4」のような点字表示がなされているとのことですが、表示が小さいため、場所が分かりにくいとのことでした。
 なお、7・10号車に6扉車が連結されている関係で、この部分への可動式ホーム柵の設置は、4扉車への置き換えが完了するまで未設置の状態なので注意が必要です。
 以下、資料として動画を撮ってきましたので、よろしければご欄になってください。
 下のプレイヤーをうまくコントロールできない方は、こちらにアクセスしてご覧ください。(You Tubeで同じ動画を再生します。

 今年の8月28日には目黒駅でも、可動式ホーム柵の使用が開始されます。
 私たちも利用する機会の多い山手線が、早く安心して利用できる乗り物に、一刻も早くなることを願っています。


2010年5月31日 大阪市交通局
は、同日付けニュースリリースにおいて、兼ねてから計画されていた長堀鶴見緑地腺への可動式ホーム柵設置に向けて、各駅における工事施工日及び使用開始日について具体的スケジュールを発表しました。記事によりますと、各駅の工事施工日程及び使用開始日は下表のとおりです。
 なお、門真南駅については、大阪市外ということからか、設置対象から除外されています。

駅名 工事施工期間 使用開始予定
 大正 2010年6月18日~7月6日 2010年7月7日 
 ドーム前千代崎 2010年8月 2010年8月 
 西長堀  8月~9月 2010年9月 
 西大橋  2010年9月  2010年9月
 心斎橋  2010年9月  2010年9月
 長堀橋 2010年9月~10月 2010年10月 
 松屋町 2010年10月 2010年10月
 谷町六丁目 2010年10月 2010年10月
 玉造 2010年10月 2010年11 
 森ノ宮 2010年10月~11月 2010年11月
 大阪ビジネスパーク 2010年11月 2010年11月
 京橋 2010年11月 2010年12月
 蒲生四丁目 2010年11月~12  2010年12月
 今福鶴見 2010年12月 2010年12月
 横堤 2011年1月 2011年1月
 鶴見緑地 2011年1月~2月 2011年2月

*門真南は大阪市外のため除外

参考 大阪市交通局ホームページ 2010年5月31日付けニュースリリース
「平成22年度 長堀鶴見緑地線に可動式ホーム柵を設置します」
http://www.kotsu.city.osaka.jp/news/news/h22/100531_platform-screen-doors.html


2010年5月28日 西日本旅客鉄道(JR西日本)は、2010年5月28日に行われた定例社長会見において、JR東西線北新ち駅に可動式ホーム柵を整備することについて明らかにしました。
参考 2010年5月28日 定例社長会見
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174837_799.html
また、メールマガジン「交通新聞ニュース 抜粋版  2010 年 06 月 01 日号」には、

> 来春の使用開始予定。

と記されていることから、2011年春には設置されるものと思われます。


2010年5月20日 名古屋市交通局は2010年3月に「市営交通事業経営健全化計画(計画期間2010(平成21)年度から2015(平成28)年度)」を策定しました。
 その中で、安全に配慮する重点的な投資として、地下鉄駅への可動式ホーム柵の整備を進めることを決定しました。
 可動式ホーム柵については、既に設置が決定されていた桜通線全駅(2011(平成23)年度上半期完成予定)につづき、東山線は、2011(平成23)年度から2015(平成27)年度で全駅設置、名城線・名港線は、2016(平成28)年から2020(平成32)年度で全駅設置、といった内容が記されています。
参考 : 名古屋市交通局ホームページ内 
「市営交通事業経営健全化計画」
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/dbps_data/_material_/localhost/_res/about/reform_plan/100331keieikenzenkakeikaku.pdf
(PDFファイル479KB)
 なおこの情報につきましては、4月中旬に愛知の杉本様よりいただいておりましたが、掲載が今になってしまいました。ここにお詫びいたしますとともに、情報の提供に感謝申し上げます。ありがとうございました。


 2010年4月27日 東京メトロはこの日、有楽町線の地下鉄成増~氷川台間4駅へのホームドア(可動式ホーム柵)設置と使用開始スケジュールを同日付のニュースリリースで発表しました。
2010年4月27日付ニュースリリース
さらなる安全を追求して
—有楽町線にホームドアを設置します—地下鉄成増駅~氷川台駅間4駅の使用開始スケジュール決定
http://www.tokyometro.jp/news/2010/2010-25.html
具体的なスケジュールは以下の通りです。

液名 設置日 使用開始日
新木場方面行きホーム
A線
和光市方面行きホーム
B線
A線・B線とも
同時期
2010年7月3日 2010年7月10日
Y62 地下鉄成増 201年10月16日
Y63 地下鉄赤塚 2010年6月19日 2010年6月26日 2010年9月25日
Y64 平和台 2010年6月5日 2010年6月12日 2010年9月11日
Y65 氷川台 2010年5月22日 2010年5月29日 2010年8月21日

*設置日とは、ホームドアが設置される日で、ドアの可動はしない、つまり、固定柵の状態になる日のこと、
使用開始日とは、ドアが可動しだす費のことです。
 ホームドアが設置されてから、ドアが可動を開始するまで、しばらく間隔があり、固定柵状態の期間がありますので、同駅を利用される方は十分ご注意ください。
 詳しくは、上記URLよりアクセスしてご覧ください。



 2010年3月4日 JR東日本は、2010年3月4日付けのプレスリリースで、山手線恵比寿・目黒駅で設置工事が進められている可動式ホーム柵の使用開始日について発表しました。
参考 山手線恵比寿駅、目黒駅のホームドア使用開始日について [PDF/63KB]
http://www.jreast.co.jp/press/2009/20100307.pdf
それによりますと恵比寿駅では2010年6月26日(土)より、目黒駅では2010年8月28日より、暫定使用開始となります。
 但し、現在6扉車が連結されている7号車・10号車部分には、4扉車への置き換えが完全に終わる2011年中頃以降設置が行われるとのことです。詳しくは上記プレスリリースをご覧ください。


 2010年2月22日 東京都交通局は,2007(平成19)年~2009(平成21)年度経営計画「新チャレンジ2007」に続く2010(平成22)年~2012(平成24)年度経営計画「ステップアップ2010」を策定しました。
東京都交通局 2010年2月22付けニュースリリース
「東京都交通局経営計画 -ステップアップ2010- の策定について」http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2010/sub_p_201002221_h.html
詳細情報(pdfファイル)
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/information/plan/pdf/stepup2010.pdf
 この中には地下鉄大江戸線への可動式ホーム設置に関する情報が掲載されています。
 それによりますと大江戸線では,2010(平成22)年度から可動式ホーム柵の設置を開始し、2011(平成23年)度から稼働開始予定,2013(平成25年)度に設置完了予定と記されています。
 詳しくは上記リリースをご覧ください。


 2009年10月29日 : 10月26日に配信された日経NETの記事によりますと、鉄道信号大手の京三製作所が、東京メトロ有楽町線用の可動式ホーム柵を40億円で受注したとのこと、2009年度中に納入を開始、2010年度内に設置工事が完成する模様です。詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091026AT1D230BI25102009.html
 なお、この情報は、わたしが趣味で参加している「倶楽部鉄道フォーラム」の掲示板に投稿された発言から知り得たものです。
 また今現在、この記事に関する東京メトロからのリリース分はまだ上がっていません。


2009年10月6日 : 名古屋市交通局は、地下鉄桜通線の全駅に可動式ホーム柵を2011年度中に整備する方針であるということが、2009年9月29日付けの中日新聞朝刊市民版に掲載されました。
 これは、9月28日に開かれた名古屋市議会の土木交通委員会の席上で明らかになったもので、現在延伸工事中の野並~徳重間の新駅4か所に可動式ホーム柵を導入するのに併せて既存の17駅にも2011年度中に整備することになった模様です。

情報源:桜通線の全駅に可動式ホーム柵 名古屋市交通局
(2009年9月29日付け 中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/railway/list/200909/CK2009092902000239.html


 2009年9月1日 : 仙台市交通局は、2010(平成22)年3月の供用開始を目指して、地下鉄南北線全17駅に、可動式ホーム柵を設置することを明らかにしました。全駅で供用開始となるのは、2010年3月とのことです。詳しくは"仙台市交通局"公式サイトをご覧ください。
 現在,各駅ではホーム柵設置に伴う準備工事を行っているそうですが、本年9月下旬からホーム柵本体の設置工事を開始しし、設置が完了した駅から順次使用を開始、10月中旬に富沢駅から使用を開始し,来年2月中旬の泉中央駅の使用開始をもって全駅への設置が完了する模様です。
 なお、各駅の工事開始日、および使用開始日は次の通りです。

駅名 ふりがな 工事開始日 使用開始日
富沢 とみざわ 2009年9月26日(土)  2009年10月17日(土)
長町南 ながまちみなみ 2009年10月17日(土) 2009年10月24日(土)
長町 ながまち 2009年10月24日(土) 2009年10月31日(土)
長町一丁目 ながまちいっちょうめ 2009年10月31日(土) 2009年11月7日(土)
河原町 かわらまち 2009年11月7日(土) 2009年11月14日(土)
愛宕橋 あたごばし 2009年11月14日(土) 2009年11月21日(土)
五橋 いつつばし 2009年11月21日(土) 2009年11月28日(土)
仙台 せんだい 2009年11月28日(土) 2009年12月5日(土)
広瀬通 ひろせどおり 2009年12月5日(土) 2009年12月13日(日)
勾当台公園 こうとうだいこうえん 2009年12月13日(日) 2009年12月20日(日)
北四番丁 きたよばんちょう 2009年12月20日(日) 2009年12月27日(日)
北仙台 きたせんだい 2010年1月9日(土) 2010年1月16日(土)
台原 だいのはら 2010年1月16日(土) 2010年1月23日(土)
旭ヶ岡 あさひがおか 2010年1月23日(土) 2010年1月30日(土)
黒松 くろまつ  2010年1月30日(土) 2010年2月6日(土)
八乙女 やおとめ  2010年2月6日(土)  2010年2月13日(土)
泉中央 いずみちゅうおう 2010年2月13日(土) 2010年2月20日(土)


参考 仙台市交通局ホームページ内 「地下鉄駅に「可動式ホーム柵」を設置しています」http://www.kotsu.city.sendai.jp/kigyo/anzen/homesaku/index_new.html


 最後に、この表を製作するにあたり、情報を提供してくださいました皆様に、この場をかりて厚くお礼を申し上げます。
 しかし、まだ調査不足の部分も多く、未完成の状態にあります。更なる情報をお持ちの方は こちら までお知らせいただければ幸いです。

 この表は当会が製作したものであり、責任も当会にあります。
 記載されている内容について誤りを発見された方、ご質問やご意見・ご要望は、サイト管理担当 までお願いします。

*お願い 当ページの記載内容について、事業者に直接お問い合わせすることはご遠慮ください。

BRFC 『視障者鉄道愛好会』

前ページ 目次に戻る 次ページ

BRFC トップページに戻る

本文はここまでです。これより先は広告スペースです。